結婚できないのは恋愛のブランクが長いからではない

日ごろ、たくさんの40代の人と話していて気づくのは、5年以上恋愛から遠ざかっている人の多さ。

私の知っている限りでは、約7割がその状態であり、「恋愛の仕方がわからない」「人を好きになる感覚を忘れてしまった……」と言うのです。

もし長い間、恋愛から遠ざかっていたとしても、不安を抱くことはありません。恋愛の仕方がわからないのも、人を好きになる感覚を忘れたのも、むしろ好都合。

だからこそ次の恋愛では、学生時代のような純粋さやフレッシュさが再生され、異性が声をかけたくなるものです。

10代・20代前半は、純粋さやフレッシュさがあって当然の世代。「若さっていいな」と思うかもしれませんが、40代の純粋さやフレッシュさは、「年齢やキャリアの割に」という、よいギャップを印象づけてくれるのです。

実際、私の知っている人でも、20代よりも40代のほうが純粋さやフレッシュさを感じます。

そもそも遠ざかっているのですから、うまくいかなくて当然。

誘い方がわからなくても、緊張でうまく話せなくても、ぎこちないデートになっでも、無理に取り繕う必要はないのです。

ブランクがあっても、出会いの場に顔を出し、コミュニケーションをとっていれば、徐々に恋愛の感覚は戻り、過去の経験を生かせるでしょう。

また、「ひさびさでわからなくて」「緊張しちゃって」と正直に伝えてしまうのもひとつの手。その正直さで、かえって好印象を与えられるものです。

「もう何年も恋人がいない」と気にするのではなく、「またIから恋愛を楽しもう」と考えましょう。

ブランクの長さはむしろ魅力になります。一から恋愛を楽しむチャンスなのです。

「今日はうまく話せなかったな」と思ったときほど、帰り際に力を入れること。「ぜひまだお会いしたい」「話の続きを聞きたい」などと好意を伝え、笑顔で手を振って見送りましょう。

すると相手の胸にその姿の残像が残り、「また会いたい」と思うきっかけになります。