婚活には熱意が大事

39歳のAさんは、まったくモテずに生きてきた男性でした。

婚活サービスを利用していて、さまざまな女性のプロフィールを見ているとき、Aさんの目に留まったのは、26歳のMさん。育ちがよく、とても愛らしく品のある彼女の写真を見て、Aさんは一目惚れ。「どうしても会ってみたい」と強い気持ちを前面に出してしていました。

Mさんはというと、「早くに結婚して、20代のうちに子どもを2人産みたい」という希望を持っていて、お相手の男性に求める条件を尋ねると「ごはんをおいしいって食べてくれる人がいいです」とだけ答えていました。ですが、いざAさんのお申し出をMさんが聞いたところ、Mさんは難色を示したのです。

「こんなに年上の人なんですか? タイプでもないし、体が大きな人ってあんまり好きじゃないんです。お断りしちゃうかもしれないですが、いいですか?」と。

入会時はほとんど条件をつけていなかったMさんも、やはりいざ具体的にお見合いの段階になると、いろんなことが頭をよぎったのでしょう。

どうにかAさんとMさんのお見合いをセットするところまで漕ぎ着いたのでしたが、かなりの年齢差があり、もともとそんなにタイプではないと言っていたので、うまくいく確率は高くないと思っていました。

ところが、その後の展開は予想に反して順調でした。最初のお見合いの直後に二人は退会し、2か月後には婚約したのです。

Mさんが教えてくれたところによると、Aさんは、お見合いの席でこんなことを言ったそうです。

「登録したときからMさんの写真を見て一目惚れでした。こうして会えただけでも嬉しいです。今日は時間をつくっていただいて、本当にありがとうございました。僕としてはぜひMさんと関係を深めていきたいと思っていますので、よろしくお願いします」

非常にストレートな好意の示し方です。それを聞いたMさんもまんざらではなかったと振り返っていました。

[ストレートに愛情表現されたのが嬉しかった。それに一緒にごはんを食べていたときに、すごく美味しそうに食べていて、その姿が、なんかよかったんです。この男性と前向きにお話を進めていきたいと思いました。」

Aさんはこのお見合いを一期一会だと思って、Mさんに自分の気持ちを伝えようと必死だったのでしょう。婚活というと条件重視のように思われることが多いのですが、実際はそうではありません。相手が求めている条件を乗り越えるような、ハマるツボがひとつでもあれば、相手の気持ちが自分に向いてくることがあるのです。

異性の写真やプロフィールを見ているうちに、こんなステキな男性と出会えたらいいな、こんなきれいな女性とおつき合いできたらいいなと誰しもワクワクしてくるものです。そして「この人、いいな」と特定の方に目が留まったときには、ちょっとした恋心がすでに芽生えているのです。

たとえ最初はお互いの恋心が釣り合っていなくても、いざ実際に会ってみると、自分に好意を寄せてくれるお相手が想像以上にステキな方だった…ということも少なからずあります。こうなってくると、ステキな異性だからこそ、ステキな関係を築きたいと思うようになっていきます。